京都の観光・遊びを探せるサイト!
遊び〜ば〜京都

二条城

京都二条城めぐり!二条城を写真付きで詳しく紹介します!二条城は二条城は徳川家康と豊臣秀頼との会見場所にもなったほか、幕末の慶応3年(1867年)には15代将軍慶喜がここで大政奉還を行ったことでも有名なお城です。
 


遊び〜ば〜京都京都のお城>二条城
トイレ有り 障害者可 売店有り 自動販売機有り 駐車場有り 授乳室あり 雨の日でも可能 予算(サンプル 大人2人+小学生2人の家族の場合) =1,600円〜

 二条城 Guide!

京都二条城ガイド

二条城全景   二条城は旧桂宮御殿を移した本丸(重要文化財)と豪壮な二之丸御殿(国宝)からなりたっています。

二条城の本丸には五層の天守閣がそびえていましたが、寛延3年(1750年)落雷のため焼失し、天明8年(1788年)には市中の大火で殿舎を焼失しました。

大政奉還後は二条城は転々と所管が変わり宮内省に所管されてからは離宮的・迎賓館的な城として利用されました。

二条城は内堀に囲まれた部分を本丸と呼び、創建当時の本丸御殿は、二の丸御殿にほぼ匹敵する規模があったそうです。



二条城内部風景   徳川幕府における京都の拠点となった二条城ですが、徳川家康が慶長8年(1603年)に京の宿館として建設した平城が二条城です。

二条城の二之丸御殿の絢爛豪華な建築と障壁画は目をみはるものがあります。

二条城内は史跡、二之丸庭園は特別名勝にも指定されていて、過去には徳川家康と豊臣秀頼との会見場所にもなったほか、幕末の慶応3年(1867年)には15代将軍慶喜がここで大政奉還を行ったことでも有名なお城です。



二条城庭園   二条城には江戸時代につくられた二の丸庭園、明治時代の本丸庭園、昭和時代の清流園の3つの庭園があります。

15代将軍慶喜の上洛時には、樹木はほとんどなく、池は枯渇して枯山水風の庭園景観を呈し、荒廃していました。

平成17年には、米国の日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』で、全国の中で清流園が5位に、二の丸庭園が10位にランクインするほどの素晴らしさです。

実は平成18年度もランキング入りしていて、その時は清流園が6位二の丸庭園が8位にランキングされました。最近はクリスマスをはじめ夜間の二条城をライトアップするイベントが開催されているのでそちらもぜひ日程を公式サイトでチェックして訪れてみましょう。



二条城桜花見   二条城の敷地内には桜の木が約380本・50品種ほどが植えられています。

毎年3月下旬から4月になると県内外から多くの市民や観光客の方が訪れてお花見を楽しんでいます。

二条城の桜の木は陸軍省が所管していた明治11年(1878年)から明治14年(1881年)当時には113本もの桜の木がありましたが、戦後には数十本程に減少してしまいました。 


現在植えられている桜の木の多くは、昔からあるものではなく昭和30年代後半から昭和40年代前半にかけて新しく植えられたものです。どの桜の木が昔からあるのか行った時に探してみるのも面白いかも知れませんね。



イベントによって事前に予約が必要な場合があります。
内容等が変更されている場合がありますので、詳しい情報は直接お問い合わせください。
 



二条城 Yo Check!

二条城へのアクセス駐車場

所在地

京都市中京区二条通堀川西入二条城町541(地図
電話 075−841−0096 二条城事務所

アクセス

市バス「二条城前」下車すぐ
又は 市営地下鉄東西線「二条城前」駅すぐ
入城料金 一般 600円 中学生・高校生 350円 小学生 200円
開城時間 午前8時45分〜午後4時(閉城 午後5時)
定休日 年末年始 12月26日〜1月4日
毎年12月・1月・7月・8月の毎週火曜日
※ ただし当該日が休日の場合は、その翌日が休城日となります。

駐車料金

有料パーキング有り 
2時間まで  600円 以降1時間ごと 200円
1日券(24時間券) 1,400円
小型・大型二輪 300円 自転車 200円



遊び〜ば〜京都京都のお城>二条城



                    はてなブックマークに追加
 
 
 
 
 遊び〜ば〜京都京都のお城>二条城