京都の観光・遊びを探せるサイト!
遊び〜ば〜京都

京都市市民防災センター

京都市市民防災センター口コミ情報!京都市市民防災センターは無料で、災害時に不可欠な防災知識や行動を『見る』『聴く』『触れる』『感じる』ことで防災を学ぶことが出来る施設。京都市市民防災センターを詳しく紹介します!
 


遊び〜ば〜京都京都の学習施設>京都市市民防災センター
トイレ有り 障害者可 自動販売機有り 駐車場有り 授乳室あり 雨の日でも可能 予算 =無料!

 京都市市民防災センター

京都市市民防災センターってどんなところ?評判など口コミ情報

京都市市民防災センター  

京都市市民防災センターは充実した設備とプログラムで楽しみながら防災学習が出来る施設です。

京都市市民防災センターの1階には映像体験室をはじめ、地震、強風の脅威を実感できる体験室などが設置されています。

京都市市民防災センターの2階は、防災への行動力を高めるための擬似トレーニングプログラムが構成されています。


防災センターの3階には実物のヘリコプターを展示してあるスペースがあって地震・台風・火災などの脅威やエアレスキューパイロットがよりリアルに体験できる防災コーナーとなっています。



京都市市民防災センター 京都市市民防災センターではアミューズメント会社SEGAが開発した防災バーチャルマシンがとても充実しています。 京都市市民防災センター

上左の画像は3D・京都大地震は約7分間京都の街を大地震が襲い、避難体験が出来るようになっています。

上右の画像は8人乗りライド型シミュレーターで上下に動きスクリーンに映像が映し出されるリアルシミュレーターの様子です。


京都市市民防災センター   地震体験コーナーは震度4〜7程度の横揺れを疑似体験することが出来るコーナー。

万が一地震が発生した場合、地震の揺れを体験しておけば実際に地震が来てもあわてることなく対応できるそうです。大地震に対する心構えと日ごろの備えを紹介してくれています。



京都市市民防災センター  
消防士体験・防災学習ゲームでは3次元コンピュータ画像等の最新技術を駆使した機器により、3D・CG技術の「炎」と「水」で実火災を再現した消火シミュレーションや地震や火災などをテーマにしたゲームを通じて防災学習をすることができるコーナーです。

京都は地震が少ない地域なので、日ごろ防災の意識は少ないかも知れません。この機会に防災センターに家族で出かけて防災に対する意識を高めるのも良いかも知れませんね。

イベントによって事前に予約が必要な場合があります。
内容等が変更されている場合がありますので、詳しい情報は直接お問い合わせください。
 



京都市市民防災センター Yo Check!

京都市市民防災センターアクセス駐車場

所在地

京都市南区西九条菅田町7(国道1号線十条上ル東側)(地図
電話 075−662−1849

アクセス

近鉄「十条駅」を下車西へ徒歩約8分
京都駅から市バス(16・19・42系統)「市民防災センター前」下車すぐ
料金 無料
営業時間 午前9時から午後5時まで (ただし、防災体験等の受付は午後4時まで)
定休日 月曜日(祝日及び1月17日、9月1日にあたる場合を除く。祝日にあたる場合は翌平日(その日 が第2火曜日にあたるときはその翌日))、第2火曜日(祝日にあたる場合を除く。)、年末年始(12月28日〜1月4日)

駐車場

有り 10台



遊び〜ば〜京都京都の学習施設>京都市市民防災センター



                    はてなブックマークに追加
 
 
 
 
 遊び〜ば〜京都京都の学習施設>京都市市民防災センター